公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

内視鏡センター

消化器病診療は消化に関わる非常に幅広い臓器・領域をカバーしています。その日常診療の中で柱になるのが当部門で担当している内視鏡を使った診断・治療です。
当院は日本消化器内視鏡学会認定指導施設に認定されており、苦痛が少なく安心して受けて頂くことのできる検査を常に心がけながら、かつ最新の医療機器を駆使したハイレベルの医療を患者の皆様に提供できるように努めています。

消化器内視鏡部の概要

消化器内視鏡部の診療体制

和田センター長を中心に消化器内科・外科のスタッフが毎日の診療に参加しています。オーダリング・画像管理はすべて完璧なセキュリティーのもとデジタル化されており、各外来・病棟と密なリンクで結ばれています。

午前の上部消化管内視鏡検査、午後の大腸内視鏡検査をそれぞれ最新のハイビジョン対応の4台の診察ベッドで並列に行っており、それぞれが連携しながらレベルの高い診療の実践につとめています。

一般消化管検査・治療は内視鏡室で行い、また放射線透視を併用する胆管検査・処置(ERCP・PTBD)などは別室である放射線科透視室で行っています。

消化器内視鏡部の治療方針

患者の皆様に満足していただける診療、すなわち正確さと苦痛の少なさを両立させたレベルの高い内視鏡診療の提供を心がけています。

精度の高い通常検査と最先端の内視鏡治療が2本柱です。

消化器内視鏡部の得意分野

癌の初期段階での発見・治療は極めて重大な使命と考えています。消化管早期癌のうち病変が浅く粘膜内にとどまるものや腺腫(前癌病変)に対しては、特殊光検査(NBI)や拡大内視鏡観察を用いて精査を行ったのち、食道・胃・大腸を問わず、粘膜下層剥離術(ESD)中心にした最先端の内視鏡治療を積極的に行い、より侵襲の少ない治療で腫瘍を根治できるよう努めています。

内視鏡機器・技術の飛躍的進歩により、初期の癌の場合はかなりサイズの大きい病巣に対してもESD法でひとまとまりで取りきれること(一括完全切除)が可能となりました。

このページのトップへ

消化器内視鏡部の主な対象疾患

消化管領域

内視鏡通常観察による胃・十二指腸潰瘍や腫瘍、逆流性食道炎、大腸ポリープや腫瘍、炎症性腸疾患などを中心とした代表的疾患の診断が基本になります。当院における年間検査数は上部消化管約5500例、大腸約3500例にのぼり、この中で診断される種々の疾患に対して的確な治療を計画します。 

早期癌に対しては前述したESDや従来法である粘膜切除術(EMR)で積極的に根治的治療を施行しています。
破裂すると極めて危険な食道静脈瘤に対する結紮術(EVL)・硬化療法(EIS)も時期を失することなく行っています。
胃・十二指腸潰瘍などが起因する急性消化管出血(吐血・下血)に対する緊急止血治療の症例も多数に上ります。

嚥下が困難で食事が摂れない病態の方に対する胃瘻造設術(PEG)もコンスタントに行われています。
現在では一般的治療となった胃・十二指腸潰瘍に対するピロリ菌除菌治療や、近年増加傾向にある胃食道逆流症(逆流性食道炎)に対する内視鏡診断・治療も幅広く行っています。

☆口から入れる従来の胃内視鏡検査がどうしても苦手な方に対しては、直径約5mmの細い内視鏡スコープを用いた経鼻内視鏡検査も行っています。外来での検査予約時に前もって希望していただければ対応いたします。

☆大腸内視鏡検査は正確な検査のために腸管をきれいにする前処置が必要不可欠ですが。当院では前泊により看護師のお手伝いで楽に安心して腸管洗浄剤(ニフレック)を飲んでいただき、万全の準備で検査にのぞむことができるシステム(体に優しい大腸検査)を取り入れています。どうぞ御気軽に御利用ください。

胆道・膵臓領域

胆のう、胆管や膵臓の炎症や結石、腫瘍が対象疾患となります。エコー・CTやMRIによる非侵襲的な画像検査を先行して診断を行い、必要に応じて内視鏡による胆道・膵管造影(ERCP)を施行し、画像・病理所見に基いた精密な診断を行い、治療方針を決定します。
胆道・膵臓腫瘍による閉塞性黄疸や急性胆嚢炎に対する内視鏡やエコーを応用したドレナージ・ステント留置術(EBD、PTBD、PTGBD、PTGBA)や、総胆管結石に対する乳頭切開術(EST)や乳頭拡張術(EPBD)を用いた内視鏡下除去治療も積極的に施行しています。

このページのトップへ

消化器内視鏡部の担当医紹介

和田友則
卒年
  • 昭和62年東京大学卒
専門
  • 内視鏡治療
  • 消化器病全般
資格
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会学術評議員
  • 埼玉医科大学客員教授
与田武徳
卒年
  • 平成21年和歌山県立医科大学卒
専門
  • 消化器内科全般
  • 内視鏡診療
資格
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
このページのトップへ

消化器内視鏡部の治療手技・手術

消化管領域

ESD、EMR、止血術、EVL、EIS、PEG、狭窄拡張術、異物除去術(アニサキス虫体、義歯、魚骨などの誤嚥物) 術前マーキング

胆管・膵臓領域

EST、EPBD、結石除去、ステント留置、PTBD、PTGBD

このページのトップへ

その他・ご紹介時の留意事項

消化器内科もしくは外科を窓口に紹介・受診して頂くことになります。なお、急性の症状がお有りの場合は、 必要に応じて緊急の内視鏡等の検査を施行することもあるため、食事を摂らないで日中のなるべく早めの時間帯に受診して頂ければ幸いです。

リンク

■日本消化器内視鏡学会
■東京大学消化器内科

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。