公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

総合内科

概要

医療の高度化・専門化に伴い、各診療科は細分化される傾向があり、臓器別に専門的な知識と技術を持つ、いわゆる専門医が必要とされています。しかし、専門性を追求するあまり、多臓器にわたる症状を持つ患者さんの初期診療や、各専門分野の境界領域の疾患などには充分対応できないといったマイナスの側面も指摘されています。総合内科は病院によっては総合診療科とも言われ、さまざまな訴えのある患者さんの初期治療をおこない、必要に応じて各専門科にご紹介をいたします。

  1. 総合診療を目指し、内科総合医としてプライマリ・ケア(初期治療)を行います。
  2. 臓器別各専門医療の窓口として、適切な診療科にご紹介します。
  3. 患者さんのニーズを大切に考え、全人的医療を重視します。
  4. 病診連携を進め、地域医療に貢献します。
  5. 各専門科の指導医と協力し、初期研修医の教育にあたります。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。