公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

栄養科

特別メニューについて

入院中の新たな食事サービスとして、毎週水曜日、木曜日、金曜日の夕食は、患者さんの自由な選択と同意に基づきご希望のお料理を提供する特別メニュー(有料)をご提供しています。特別メニューには、通常の夕食にプラスしてお出しする単品メニューと、通常のお食事は出さずに特別メニューのみを食べていただくコースがあります。特別メニューはあらかじめ提示いたしました料金を会計時にお支払いいただくことになります。
一般常食、たんぱく質70g常食、たんぱく質90g常食を召し上がっている方が対象となります。尚、食事アレルギーや特別な食事指示、あるいは医師から治療上の特別な指示がだされている患者さんは対象外となります。

メニューパターン例

  曜日 詳細
単品メニューの追加 毎週水・木曜日の夕食 通常のお食事にプラスして注文された料理をお出しいたします。複数の料理をお申し込みいただくことが可能です。
コースメニューの変更 毎週金曜日の夕食 通常のお食事は出さずに注文されたコース料理のみお出しいたします。

特別メニューの献立例

誠に申し訳ありませんが、都合により
8月の特別メニューは中止いたします。

菜の花御膳

菜の花御膳

春陽御膳

春陽御膳

3月特別メニュー単品

4月特別メニュー単品

これまでの特別メニューの献立例

これまでの特別メニュー

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。