公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

薬剤科

薬剤科は、調剤、製剤、薬品管理、薬剤管理指導等の業務を行うことにより、チーム医療の一員として「患者様の利益」を最終的な目標とする医療サービスの提供に全力を尽くしています。
その目的を果たすため、正確に安全で手際よく調剤すること、正確で患者様個々にあった情報を提供すること等を心がけで業務に励んでいます。

概要

薬剤科の主な業務

薬剤科の主な業務

外来

処方せんは電子カルテシステムにより発行されます。重複投与、相互作用のチェックは医師が処方をオーダする際に行われ、薬剤科では電子カルテシステムと接続された薬袋作成システムにより処方せん、薬袋、おくすりの説明書が診察が終了するのと同時に出力されます。このことにより、患者様が会計を行っている間に調剤を終了し、待ち時間はほとんどありません。

薬剤管理指導業務

病棟で医師、看護師等と連携をとりながら、薬剤師が患者様のベッドサイドに行き、投与されている薬剤の効果等の説明を行います。また、起こりうる副作用について理解していただき、適正に使用されているか等チェックいたします。その他、患者様の訴えを主治医、看護師にフィードバックすることで、より良い治療に貢献したいと考えています。現在、薬剤管理指導業務の電子的なシステムを立ち上げ、医師、看護師も指導内容を閲覧できるようになり、より効率的な運用ができるようになりました。今後は、入院されるすべての患者様がお持ちになったお薬の内容を確認し医師、看護師にフィードバックするシステムを検討中です。

その他の業務
栄養サポートチーム(NST)への参加

NSTは入院患者様の栄養状態を改善することで、より良い治療を目指すものです。薬剤師もチームに参加し、チーム医療に貢献しています。

インフエクシヨンコントロールチーム(lCT)への参加

薬剤師も積極的に参加し、院内感染防止、耐性菌の出現防止に向けてチームの一員として貢献しています。

注射調剤業務

入院されているすべての患者様の注射薬の個人セット化を行っています。医師が注射処方オーダにて入力し、薬剤科で印刷した処方せんを元に調剤を行っています。

抗がん剤ミキシング業務

各種がんの治療に対して行われる化学療法に使用される抗がん剤のミキシングを行っています。薬剤科内で安全キャビネットを使用し、安全に業務を行うとともに間違えの無いよう充分に心がけて業務を行っています。

その他

薬剤科では薬剤師一人ひとりが情報セキュリティの維持に心がけ、患者様個人の情報には細心の 注意を払って業務を行っています。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。