公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

放射線科

当院の放射線機器にはCT・MRI・RI・血管撮影・CR・DRなどがあります。いずれもデジタル化されており、最新の画像診断が可能です。CTはマルチスライス(16列)で薄い断面で高分解能の画像が得られ、3次元再構成により腫瘍性病変や血管性病変を立体的に観察することもできます。体のサイズや形状に応じてⅩ線量を最小限に抑えて被曝の低減を図っています。MRI(1.5テスラ)は短時間で高精細な画像がえられ、騒音も少なくなっています。脳をはじめ全身の血管を描出するMRAや胆道系・膵管を描出する。MRCPなどでは3次元処理が行われています。また拡散強調画像も脳梗塞や腫瘍性病変の検出などに有効です。

これらの画像はサーバーに保存されるためモニター上で過去の画像や他の検査との対比が容易となり、画像処理を加えることにより正確な診断が可能となります。また、ハードコピーでの画像表示もあわせて行っており依頼医師が簡単に画像を確認することもできます。画像診断の報告書は、すべて日本医学放射線学会の専門医が直接作成するか、あるいはチェックをいれており、クオリティーの向上に努めています。

CT・MRIでは常に放射線科医が張り付いており、小さな異常所見も見逃さないようにつとめています。造影剤使用時の副作用や他の部署で患者さまが気分不快となられたときでも、すぐに適切な対応ができます。

これらの一般業務のほかに人間ドック(胸部Ⅹ線検査、上部消化管造影、注腸造影、脳MRI、肺CT、骨密度など)や健診の検査を行っています。

今月の診療担当表

 …予約

 
放射線科 午前 検査 検査 検査 検査 検査 外来
午後 検査 検査 検査 検査 検査

概要

診療体制

当科の常勤放射線科医は2名、放射線技師は13名(女性5名)です。このほかに非常勤の医師、技師も働いています。看護師は9名、看護助手2名で内視鏡科も兼ねています。CT・MRIでは常に放射線科医が張り付いており、小さな異常所見も見逃さないようにつとめています。造影剤使用時の副作用や他の部署で患者さまが気分不快となられたときでも、すぐに適切な対応ができます。

診療体制

当院放射線科は専門的に画像診断担当を行っており、放射線治療は行っていません。

画像診断一般が専門で、特にCTscanやMRIに力を入れています。

その他

近年の画像機器の進歩は目覚しい物があり、微細な病変の描出、評価が以前にもまして求められるようになっています。このため、医療被曝も増加傾向にあり、発癌の増加が懸念される様になっています。我々放射線科医、放射線技師は最小限の被曝で最大の画像情報を得るべく日夜努力しています。

このページのトップへ

主な対象疾患

放射線科は、診療各科や院外からの依頼により各種画像診断を行い、病気の発見や診断を行うことにより各科の診療を裏からサポートする重要な役割を果たしています。
対象は頭部から頚部・体幹・四肢に至るほとんどすべての疾患となります。また肝腫瘍などに対して経皮的カテーテルによる血管内治療もおこなっています。

このページのトップへ

担当医紹介

渡辺 慎
卒年
  • 平成19年東京大学大学院卒
専門
  • 画像診断一般
  • IVR(インターベンショナルラジオロジー)
資格
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
石田 尚利
卒年
  • 平成24年東京大学大学院卒
専門
  • 画像診断一般
  • IVR(インターベンショナルラジオロジー)
資格
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本医師会認定産業医
中村順子
卒年
  • 平成26年東京大学大学院卒
専門
  • 画像診断一般
資格
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 肺がんCT検診認定医
このページのトップへ

治療手技・手術

放射線医学は大きく画像診断部門と放射線治療部門に分かれています。
当科では専門的に画像診断を行っており、放射線治療は行っていません。

このページのトップへ

診療実績

①当院地域医療連携室(TEL03-3292-3981内線5124・FAX03-3518-2158)にご連絡を頂くか、
②放射線科以外の診療各科に診療情報提供書とともに紹介をして頂くかの二通りの方法があります。この際、造影剤などの適否、腎機能などをお報せ頂ければ幸いです。
結果については、その場でフィルムあるいはCDと報告書を作成し、通常は患者さまから貴院にお渡しする形になっております(①の場合)。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。