公益社団法人 東京都教職員互助会

文字サイズ変更
トップページ > 互助事業 > 医療互助事業 > 医療互助のご案内|「加入手続きについて」

〜現職の教職員の皆さまへ〜〜現職の教職員の皆さまへ〜医療互助のご案内

加入手続きについて

「現職会員加入・口数変更申込書」(様式1)に必要事項を記入・捺印してください。
募集期間中に事務担当の方にご提出ください。

1 積立開始・積立額
変更時期
新規加入・口数変更・配偶者加入の分の積立は、9月の給与支給時から開始・変更となります。すでに現職会員に加入している方の積立金額は、8月の給料月額を基準に9月積立分から変更となります。(1年間は同じ金額)
2 現職中の積立金 退職後、特別会員加入時の加入納付金に充当します。(加入納付金額に達していない場合には、不足額を追加納付していただきます)
3 加入納付金 平成29年3月31日付定年退職者の場合、132万6千円となっています。加入納付金は医療費の伸びなどを勘案し、決定しています。
4 脱退一時金 退職時50歳未満の方および特別会員に加入されない方には、積立金(元利合計額)を脱退一時金として返還いたします。
5 配当 1年間の運用実績で積立金に付利します。過去の実績は大口定期預金程度(年利0.024%)となっています。
注意事項
  1. 退職後、特別会員に加入することを前提に現職会員として加入していただきますので、現職中の中途脱退はできません。
  2. 夫婦ともに互助会正会員の場合には、それぞれ「本人会員」として加入してください。
  3. 申し込みの際は、内容を十分ご理解のうえ、お申し込みください。

退職後の給付内容についてはこちらをご覧ください。
特別会員になるためには要件があります。詳細については50歳以上でご退職された方のご自宅に特別会員加入方法等を記載したパンフレットをお送りいたしますので、ご一読ください。

〜現職の教職員の皆さまへ〜医療互助のご案内

このページのトップへ