公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

輸血を拒否する患者様に関する当院の治療方針

基本方針

当院では、宗教上の理由などにより輸血を拒否する患者様に対して、以下のとおり、「相対的無輸血」の方針で対応いたします。

対応

  1. 治療にあたり、輸血を行わないためのできる限りの努力はいたします。
    しかし、患者様の生命に危険が及び、輸血を行う事で死亡の危険が回避される場合には、生命尊重の立場を優先し、輸血同意書を取得できなくても輸血を行います。

    (1)輸血を行う可能性のある治療の前には、十分な説明をした上で、できる限り「輸血の同意」を頂く努力をいたします。

    (2)全ての手術においては輸血の可能性があり、輸血拒否により手術の同意書が得られない場合であっても、救命のために緊急手術が必要な場合は手術を行います。

    (3)当院では、絶対的無輸血治療に同意する「免責証明書」には、署名・捺印はいたしません。

  2. 以上の方針は、患者様の意識の有無、成年と未成年の別に関わらず適用します。
  3. 自己決定が可能な患者様、患者様の保護者、または代理人の方に対しては、当院の方針を十分に説明し、ご理解を得るように努力いたします。
    しかし、どうしても同意が得られず、上記の相対的無輸血の方針に従って頂けない場合には、当院での治療は困難であるため、転医を勧めます。
  • 相対的無輸血:
    患者様の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、輸血以外に救命手段がない事態に至った時には、輸血をするという立場・考え方。
  • 絶対的無輸血
    患者様の意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

医療安全管理対策委員会
三楽病院 病院長

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。