公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

は栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(NSTとは)

NSTとは栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)の略であり、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーなど、様々な職種で構成されています。 各職種の専門的な知識を活かし、患者さんの栄養面でのサポートを行っていきます。
また、摂食嚥下に関わるサポートも行っており、歯科医師との連携、2019年度から新たに言語聴覚士を採用し、嚥下機能に障害のある患者さんへのサポートも強化しております。

人間の身体を機能・維持させていく為には食事による栄養の摂取が必要不可欠です。栄養療法とは基本的でありながら重要な役割を担っている医療の一つです。栄養療法を行う事で治療効果の改善、免疫機能改善による感染予防、入院期間の短縮といった効果が期待されます。

しかしながら入院されている患者さんの中には口から食事を摂る事が難しい方もいます。そこでNSTでは、胃や腸を使用した経管・経腸栄養、点滴を使用した静脈栄養などを行っている方を主治医、担当医への提言を行い、患者さんの状態に合わせた栄養療法のサポートを行っています。

現在三楽病院では、毎週水曜日に検討会を行い、NST回診では実際に患者さんとお会いし、お話する事で、患者さんの状態を確認しながら、栄養についての説明や今後の方針を検討しております。
また、言語聴覚士の日々の業務として、嚥下機能に障害のある患者さんに対して嚥下機能の評価と訓練を行っています。

言語聴覚士入職しました

2019年4月1日より、当院整形外科リハビリテーション室に、新たに言語聴覚士が加わりました。当院は嚥下造影検査・嚥下内視鏡検査による評価も可能であり、摂食嚥下機能評価・訓練を行う上での施設は充実しております。新たに言語聴覚士が加わったことで、今まで以上に患者様の安全な食事への配慮・誤嚥予防に対して取り組んでまいります。また、言語障害(失語症、構音障害)・高次脳機能障害・音声、発声障害でお困りの方のリハビリテーションにも取り組んでまいります。摂食嚥下や言語機能等の問題でお困りの方がいらっしゃいましたら是非ともご相談ください。

山口 大輔
年齢
  • 44歳 2児の父
出身
  • 東京都
趣味
  • マラソン(自己ベスト2:52:53)
  • ラグビー(週末はラグビースクールの講師をしています)
一言 4月より入職しました言語聴覚士の山口大輔です。摂食嚥下障害や言語障害のリハビリを通じて、患者様に明るく前向きな生活を送っていただけるようなかかわりをしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。