公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

緩和ケアチーム

緩和ケアチームとは

 緩和ケアとは、病気になった患者さんやご家族などに生じる身体や心など様々なつらさをやわらげ、より豊かな生活を送ることができるように支えていく取り組みです。

患者さんとご家族のイラスト

 緩和ケアチームは、医師・看護師・薬剤師など多職種から成り、担当医師や病棟スタッフ等と連携して患者さんやご家族を支援するチームです。
 当院でがん治療を受けている患者さんやご家族は、がんと診断された時から当院での治療経過中において、いつでも緩和ケアチームの支援を受けることができます。

緩和ケアチームの連携図

チームの支援をご希望される方へ

三楽病院に入院中の場合

担当医師または病棟看護師にご相談下さい。担当医師の了解のもと、緩和ケアチームが病室へ面談に伺います。

三楽病院に通院中の場合

がん治療の担当医師に「緩和ケアのための外来受診を希望」と伝えていただき、緩和ケアのための外来受診についてご相談下さい。
初回はがん治療の担当医師を通して受診予約し、外科外来で緩和医療専門医(根東医師)が診療致します。なお、原則的に緩和ケアのための外来で検査や処方などを行うことはありません。緩和ケアチームの意見も含め、がん治療の担当医師へ薬剤調整等のアドバイスをさせていただきます。

他の医療機関等に通院または入院中の場合

通院または入院中の医療機関等を介して、三楽病院地域連携室までご相談下さい。緩和ケアチーム等で検討し、当院での緩和ケアが適切と判断された場合は、通院または入院中の医療機関等を経由して、当院の外来受診や転院・入院についてご連絡致します。

よくある質問Q&A

それぞれの質問をクリックすると、回答が表示されます。

Q:「緩和ケア」とありますが、痛みなどの症状がないと緩和ケアチームの支援は受けられませんか?

A:
がんと診断された時点から、多くの人で「心のつらさ」や「社会的な苦痛」などが生じます。診断された時から支援を受けられます。

Q:「がん」ではないですが、つらい思いをして治療を受けています。緩和ケアの支援は受けられますか?

A:
申し訳ございませんが、現在は対応しておりません。

Q:他の病院でがんの治療を受けていますが、三楽病院で緩和ケアの支援や相談だけ受けられますか?

A:
治療中の病院にご相談ください。三楽病院での緩和ケアが適切かどうか検討させていただきます。

Q:緩和ケアチームの支援を受けると費用はかかりますか?

A:
入院中の場合は、追加費用はありません。外来の場合は、一般的な外来受診時にかかる費用が発生します。

Q:入院中、緩和ケアチームは具体的に何をしてくれるのでしょうか?

A:
チーム員が定期的に面談や診察を行います。その後、チーム内でより専門的な観点に基づいて十分に検討し、より良い診療やケアを提供できるよう担当医師や病棟看護師などへアドバイス致します。必要に応じて、栄養科・ソーシャルワーカー・他科の医師・化学療法室等とも連携を図ります。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。