公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

平成29年度 公益社団法人東京都教職員互助会三楽病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 31 13 190 317 391 472 982 954 745 117
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 235 2.11 3.02 0.00 72.82
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 104 1.22 2.66 0.00 30.88
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 46 9.70 8.73 0.00 73.61
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 8.13 10.61 6.67 79.17
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 30.38 20.83 13.79 89.34
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 6.56 6.18 5.56 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.49 - -
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし - - 8.41 - -
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり - - 11.50 - -
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 56 2.45 3.02 0.00 74.29
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 25 5.72 6.64 0.00 65.52
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 22 3.86 6.37 0.00 61.50
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 15.53 15.61 0.00 65.89
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 17 4.41 5.71 0.00 66.47
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 108 31.96 21.70 15.74 69.51
070180xx97xx1x 脊椎変形 手術あり 副傷病あり 80 56.25 33.76 38.75 73.39
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 39 3.28 6.65 0.00 62.41
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 18 40.28 27.09 72.22 80.83
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 16 21.00 16.53 0.00 48.13
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.86 - -
050180xx99xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術なし - - 14.32 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.14 - -
080070xx97xxxx 慢性膿皮症 手術あり - - 10.82 - -
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 10.12 7.31 0.00 74.58
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし - - 5.17 - -
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 11.31 - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 9.73 - -
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - - 10.24 - -
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 117 5.66 6.28 0.00 40.91
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 69 5.78 6.37 0.00 40.23
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 41 6.07 7.70 0.00 37.15
120140xxxxxxxx 流産 32 2.03 2.43 0.00 35.47
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 24 18.42 20.41 8.33 32.75
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 43 5.79 7.23 0.00 52.00
030428xxxxxxxx 突発性難聴 30 9.17 9.18 0.00 51.90
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 27 4.81 4.48 0.00 34.52
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - 7.58 - -
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 8.01 - -
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 - - 15 - 16 1 7
大腸癌 24 - - - - 28 1 7
乳癌 30 - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 9.00 63.73
中等症 29 20.97 82.38
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 834 0.43 1.15 0.12 65.08
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 49 2.45 7.51 0.00 74.35
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 23 1.00 6.17 0.00 68.13
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 16 0.38 1.50 0.00 62.88
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 12 1.00 8.42 0.00 74.17
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 114 0.39 1.03 0.00 69.98
K6335 鼠径ヘルニア手術 86 1.02 1.48 0.00 70.92
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 2.25 5.75 0.00 63.56
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 22 1.00 1.86 0.00 61.50
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 15 5.53 11.13 6.67 65.00
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 149 4.68 31.52 18.12 69.44
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 54 3.81 55.44 38.89 69.94
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 30 8.63 37.43 43.33 71.43
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 28 5.79 30.25 17.86 70.75
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 24 6.29 22.54 20.83 59.71
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 26 1.00 8.12 0.00 74.58
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 112 1.67 3.19 0.00 38.79
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 69 1.58 3.26 0.00 38.54
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 43 1.49 3.77 0.00 45.65
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 31 1.10 0.42 0.00 39.71
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 29 0.07 1.00 0.00 35.55
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 224 1.07 2.14 0.00 77.30
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 1.00 3.81 0.00 50.22
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 18 1.00 4.06 0.00 57.56
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K347-3 内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術) - - - - -
K347-5 内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.28
異なる - -
参考】手術・処置等の合併症(同一:12件)の内訳
・処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの:1件、発生率 0.02
・処置に続発する感染症,他に分類されないもの:5件、発生率 0.12
・処置その他の合併症,他に分類されないもの:1件、発生率 0.02
・その他の心臓及び血管の人工器具,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応:1件、発生率 0.02
・体内関節プロステーシスの機械的合併症:1件、発生率 0.02
・その他の骨の内固定材の機械的合併症:2件、発生率 0.05
・その他の骨の人工器具,挿入物及び移植片の機械的合併症:1件、発生率 0.02
更新履歴
2018.09.28
平成29年度病院指標を公表しました。
このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。