公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

お知らせ

東北地方太平洋沖地震に関するお知らせ

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震におきましては、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族、関係者の皆さまに、心からお見舞い申し上げます。そして、一日も早い復旧復興ができますよう、お祈り申し上げます。

当院は、外来・入院診療及び救急医療におきましては、震災発生前と変わらない体制をとっておりますが、病院全体として使用電力を抑えるべく、一部院内各所の使用照明の制限及び消灯、別館(職員用)エレベーターの使用禁止等の措置をとっております。

患者さま、ご家族の方々を始め、ご来院頂く皆さまには大変なご不便をおかけ致しますが、何卒、ご理解・ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

平成23年3月17日
三楽病院長  瀬戸山 隆平

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。