公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

お知らせ

糖尿病教室について

【第47回 糖尿病週間のお知らせ】

11月14日から11月20日は糖尿病週間です!

2006年に実施された糖尿病実態調査によると、
日本には約820万の「糖尿病が強く疑われる人」が存在します。
さらに、「糖尿病の可能性を否定できない人」も約1,050万人おり、
合計で総人口の10%を超える約1,870万人の糖尿病患者がいると推定されています。
どうぞこの機会に自分だけでなく家族やご友人など身近な方と糖尿病についてぜひ考えてみてください。

また、11月19日(土)には東京都糖尿病協会主催の講演会も開催されます
今回は当院の田上幹樹院長が実行委員長となり企画した講演会となっております。皆さまでぜひお越しください。
講演会の詳細はこちら【PDF】

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。