公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

看護部

キャリアアッププログラム

レベルIIAコース

研修対象者

卒後2年目・ラダー「レベルII(前期)」相当者

到達目標

  1. 2年目の役割がわかる。
     ・アサーティブネスの概念を学ぶ。
     ・メンバーシップの概念を理解し、自部署の目標に沿った自己課題を明確にする。
  2. 看護実践の中の倫理的課題に気付き、倫理綱領を基に自己を振り返る。
  3. ケースレポートの書き方、まとめ方を学ぶ。
     ・ケースレポートとケーススタディの違いについて。

研修内容

  • メンバーシップについて理解を深めます。
  • 看護倫理の事例検討を行います。
レベルIIBコース

研修対象者

卒後3年目・ラダー「レベルII(後期)」相当者

到達目標

  1. 自己の傾向を知り、アサーティブなかかわりができる方法を学ぶ。
  2. 倫理の枠組み(フレーム)を理解する。
  3. 事例を通して自己の看護を振り返り、倫理問題の抽出ができる。(ケースレポート:報告書を活用)

研修内容

  • アサーティブネスについて理解します。
  • フレームを用いて倫理的課題について考えます。
レベルIII Aコース

研修対象者

ラダー「レベルIII(前期)」相当者

到達目標

  1. リーダーシップの概念を学ぶ。
  2. 人材育成の基礎を学ぶ。
    ・人材育成の概念を学ぶ。
    ・新人指導、後輩指導に関する役割モデルについて学習する。
  3. リーダーシップ・人材育成に関する自己課題を明確にできる。
    ・問題解決思考(ロジックツリー)を用いて解決策を見出す。

研修内容

  • リーダーシップについて学びます。
  • 人材育成(新人指導)について学びます。
レベルIII Bコース

研修対象者

ラダー「レベルIII(後期)」相当者

到達目標

  1. 組織理念について学ぶ。人材育成の基礎を学ぶ。
    ・病院理念と看護部理念、病棟目標の仕組み(連動性)について学ぶ。
    ・組織の特徴を知る。(当院の構成と組織図など)
  2. 看護倫理について学ぶ
    ・自部署での倫理的問題を明確化し問題解決を図ることができる。

研修内容

  • 組織の理念や組織分析の手法を学びます。
  • 自部署における倫理的課題について考えます。
レベルIVコース

研修対象者

ラダー「レベルⅣ」相当者

到達目標

  1. 臨床看護実践のリーダーとして、役割モデルとなるために必要な知識・技術・態度を学ぶ。
    ・所属部署における問題解決や目標達成にむけてリーダーシップを発揮できる。

研修内容

  • 自部署における倫理的課題について教育プログラムを作成し実践します。
  • 院内の研修を企画、実践し評価します。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。