公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

理念・基本方針

患者憲章

患者さまの権利
  1. 個人の人格が尊重され、年齢、性別、信条、障害の有無などにかかわらず、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 自分が受ける処置・手術や検査の有効性、危険性、他の治療方法の有無などについて、理解できるまで十分な説明を受ける権利があります。また、他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利があります。
  3. 自分の治療計画を立てる過程に参加して、自分の意見を伝え、よい信頼関係のもとに決定できる権利があります。
  4. 自分が受けている医療について、理解できないことがあれば、医療スタッフに質問することができ、情報提供を受け、またカルテ等の開示を請求する権利があります。
  5. 医療に関する個人情報や自分のプライバシーは厳正に保護される権利があります。
患者さまの役割(お願い)
  1. ご自身の健康に関する情報をできるだけ正しくお伝えください。
  2. 医療に関するご希望を率直かつ積極的にお伝えください。
  3. 患者さまに本人確認のお願いをする際に、協力してください。
  4. 他の患者さまの医療の妨げにならないよう配慮してください。
  5. 当院は教育・研修機関でもあります。医療スタッフを一緒に育てるお気持ちを持ってください。

 

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。