公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

体験談

出産された方の体験談

3月の切迫流産、切迫早産、そして今回の入院・出産と助産師の方には本当にお世話になりました。
不安でいっぱいの私をいつも温かい言葉で励まし、気持に寄り添ってくれたおかげで、なんとか予定の帝王切開術の日を迎えることができました。
何としてでも他院に搬送されて知らない人の中での出産になるのは嫌だったので、35週に入り、「これで三楽で出産できる!」と思った時から、体調もかなり安定したように思います。

今回の出産で、いつの時代でも出産が命がけであるということ、そして恐らくもう二度と体験することのないような様々な体験を通じ、生きることや家族の大切さを改めて感じました。
三楽病院を選び、そして「頑張って!」「楽しみにしているからね!!」といつも声をかけてくださった助産師さんの元で出産できて、本当に良かったです。
みなさんのこと、いつまでも忘れません。またお会いできる日を楽しみにしています。本当に・・・・ありがとうございました✫✫

出産のため初めて三楽病院に入院しました。
大部屋にもかかわらず、1人分の部屋の間隔が広く、とてもゆったりと過ごせました。
お食事もとても工夫されていて、デザートの盛りつけもとても可愛く楽しい気分で食べることができました。

何よりスタッフの助産師さん達が、いつでも話しかけやすい雰囲気で接して下さり、ストレスの多い産後も落ちついて安心して過ごすことができました。
また出産の際は、三楽病院を利用させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

無事出産することが出来ました。分娩中、陣痛が辛かったですが、助産師さん達が腰や足をあたためて下さったり声かけして下さったのが、とてもはげみになりました。
勤務交代ごとに担当の方はきちんと自己紹介して対応されていたので、スタッフ教育とか対応が統一されていると感じ、勉強になりました。
バースプランもとり入れて下さり、一人一人に対応されていると感じました。

また、入院生活も大きな不安なく過ごすことが出来ました。
食事も楽しみにしてましたが、本当においしかった!!とくに祝膳のパイと夕食の生春巻きがよかった♡(産後に食事制限されなくて良かった♪)
ただ、はし、スプーン等もついててくれると、持参しなくて楽だけどな~っと思います。
お産を担当して下さった助産師さんはじめ他スタッフ、先生方のおかげで貴重な経験を三楽で過ごせて良かったです。ありがとうございました。

私の周りに三楽での出産が多く、「授乳指導が厳しいよ~」と脅されていたのですが、そんなことはなく安心しました。
授乳のタイミングや方法など、沢山アドバイスをいただけたので助かりました。
夜中の授乳は大変でしたが、産後も変わらず、快適に生活しています。

初めてのお産だったのですが、助産師さんの細やかな気配りや声かけがとっても心強く安心しました。わからないことだらけでも、一つ一つ答えてくださったので、不安が解消しました。夜中の授乳室では、世間話のようなこともでき、楽しかったです。
お部屋やトイレ、シャワールームなどの設備も清潔で、快適に入院生活を送れました。
授乳ではもともと冷え性のため、なかなか母乳が思うように出なかったのですが、こまめにホットパック(当院で使用している保温剤)を用意していただいたり、マッサージを教えていただいたりして、びっくりするほど出るようになりました。
また、3食の献立に感動!とっても豪華でおいしく頂きました。

破水したか自信がないまま電話をしましたが、丁寧に対応してくださり安心しました。陣痛がきつかった時も夜中背中をさすってくださったり声をかけていただけて本当に心強かったです。
食事は豪華でおいしかったです。
また、体調、授乳の仕方、おっぱいの様子まで細かくみてくださり、産後もとても心強かったです。
母子同室ですが、少しもかたくなな感じはなく、寝不足気味の日に「預かりましょうか?」と声をかけていただけるなど、至れり尽くせりでした。
出産から退院まで本当に沢山声をかけていただけて嬉しかったです。
退院するのがさみしいくらい心強かったです。
また出産する事があれば、こちらでお願いしたいです。

お産もお産でいろいろありましたが、母乳で育てられるのかどうか不安なときもありました。
しかし、どんなささいな疑問も受け止めて指導してくださったので本当に良かったと思っています。
親切な先生、助産師さんのおかげで救われたと心から思っています。

ホームページなどで母乳ケアが丁寧という印象があり、1人目のときに貴院でと決めました。その後も大変よかったという思いがあり。2人目も3人目もお願いいたしました。
帝王切開でしたが、術後のケアも母乳ケアも母児同室も無理なく丁寧にしていただけて大変よかったです。
母と同床可能の母児同室で、制約など少なく、また術後日が浅く、体力的につらい時は児を預かっていただけるので、非常に快適でした。
ご飯がびっくりするくらい毎日豪華でした。特に夕飯!

入院生活は楽しく過ごせました。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。