公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

助産師より

病棟のご紹介

病棟助産師より

入院病棟はご家族で赤ちゃんを迎え、育てていく第一歩を踏み出す場です。
陣痛や破水で陣痛室に入院し、分娩室でのお産、母児同室部屋での産後生活まで、同一フロアにてお過ごしいただけます。
お産の介助を担当した助産師が中心となって入院生活のサポートをし、お産の振り返りや育児技術のご指導をおひとりおひとりにさせていただいています。(帝王切開分娩の方にも担当助産師が付きます。)

 

切迫早産等で入院される妊婦さんには、ペアレンツクラスの内容を担当助産師より個別にお話しするなど、入院生活の中でもお産に必要な心と体の準備ができるようにお手伝いします。
妊娠・分娩・産後と育児を、病棟スタッフはみなさまに常に寄り添いサポートいたします。

←「助産師より」に戻る

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。