公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

  •  
  • 現在、夜間診療は新型コロナウイルス感染症対策の一環として診療を中止しております。

知的障害者雇用のためのサンライトサポート室について

概要

本室は、本年度で4年目を迎えました。令和2年3月からは、御茶ノ水ファーストビルの6階のオフィスで、業務に取り組んでいます。
現在、東京都立特別支援学校の卒業生のスタッフが5名働いています。

目標

サンライトサポート室は、3S(誠心誠意、整理整頓、清潔清掃)をスローガンとして患者様、地域の皆様、病院のスタッフの皆様の役に立てることを目指します。
運営するにあたり、大切にしている目標は以下の3点です。
(1)スタッフ各自が主体的な作業に取り組み、人の役立つことへの喜びを創り出していきます。
(2)障害者法定雇用率を確保し、定着を図ります。
(3)サンライトサポート室について互助会の理解・啓発を深めるとともに、特別支援学校及び特別支援教育推進室等との連携、理解・啓発を高めていきます。

名称の由来

サンライトサポート室の「サン」は、三楽の「三」からのかけことばです。スタッフが真に光り輝く存在となるようにというノーマライゼイションの願いが込められています。

主な仕事内容

現在の主な仕事は、ベッドメイキング、検体の運搬、名刺作成、郵便物の計量・仕分け、患者様用の呼び出し機、タオルたたみ、タオル・シーツ補充、薬袋のラベル張り、シュレッダー、定型的なデータ入力、人間ドックの案内をはじめ各種書類の折り・丁合・封入など多岐にわたっています。昨年から新型コロナウイルス感染症対策として、内視鏡用マスク等の製作及びトリアージ確認シート等の作成をしています。
また、東京都教職員互助会事業の広報用のグッズを毎年、作製しています。

研修

スタッフは、安全・衛生の研修や情報セキュリティの研修、防災・消火訓練等を受講して、医療従事者、社会人として必要な力を身に付けていています。また、千代田区主催の障害者向けの研修会にも参加して、同じ地域で働く人たちと話したりロールプレーンをしたりして、仕事をするための基本的スキルの向上を図っています。

地域活動

千代田区役所主催による御茶ノ水駅周辺の「合同パトロール」(地域清掃活動等)には、スタッフ全員で月2回ボランティアとして地域の環境美化・浄化推進モデル地区に少しでも寄与できるように努めています。

余暇活動

バスケットボール部の活動、パーティ、コンサートやクリスマスイベントなどにも積極的に参加して、仕事と余暇のバランスを図っています。

関係機関との連携

就業・生活支援センター、ハローワーク、特別支援学校と連携し、雇用・生活支援を行っています。また現在はオンラインツールを使って、担当者との面談を行っています。

見学の受け入れ

本室は、専用のオフィスが設けられ、障害者雇用の一つのスタイルとして注目されています。進路指導やキャリア教育の一環として役立つよう見学等を受け入れています。

実習生の受け入れ

本室では、都立特別支援学校高等部生徒・卒業生等の実習の受け入れを行っています。実習生は作業活動を通して、卒業後の社会人としての生活に目を向け、自分を生かせる仕事について具体的に学べる機会となっています。一方、本室のスタッフにとっては、自分が得意とする業務を実習生に教えることで、正確で効率的な作業の仕方を客観的に見直し、自己のスキルアップの機会となっています。

SUNLIGHT SUPPORT

サンライトサポート室(TEL:03-3292-3981 内線3138)

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。