公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

麻酔科

麻酔管理

手術中に患者様の痛みを取り除き、意識を取り除き、手術操作に支障のある身体の動きを取り除き、手術が速やかに安全に行えるように全身管理をするのが、麻酔管理です。スタッフは全員が麻酔科専門医、指導医の資格があり手術中の患者様の状態を良好に管理して、安心して手術を受けられるように全力を尽くしています。

術前術後診察

手術前、主に前日に診察を行い、患者様の全身状態をチェックして、最適な麻酔方法を決定します。麻酔についての詳しい説明を行い、患者様の疑問・質問にお答えし、御理解をいただいております。
また手術後の傷の痛みについては術前より検討し、徹底的に痛みをとるように神経ブロックや鎮痛薬の持続投与を積極的に行っており、痛みを感じないようにしています。

ペインクリニック

手術中に患者様の痛みをとるために使用する麻酔手技を、痛みで苦しんでいる外来患者様に応用しているのが、ペインクリニックの外来です。痛みをとることは医療の原点でありますが、原因がわからず、痛みで苦しんでいる患者様は多くいますし、診断もされて治療もされても痛みがとれない病気もたくさんあります。ペインクリニックでの神経ブロック(局所麻酔薬を運動神経、知覚神経、自律神経に効かせる手技)は根本的な治療とはいえませんが、痛みを一時的には除去することは可能です。痛みをとりながら検査を進め、病気をつきとめ、根本的な治療へ導けることも可能です。痛みでお困りの方はご相談ください。

緩和医療

医療は日々研究が進み、新しい検査方法、治療方法、新しい薬が開発されて、病気による死亡原因もかなり 変化しました。以前は結核、脳血管障害、心筋梗塞などに苦しみましたが、現在ではかなり治療方法が進化して大幅に減少しています。増加しているのはがん疾患です。がん治療も進化しており、平均生存率も大幅に延長しています。そこで問題なのが、がんによる痛み(癌性痺痛)です。
緩和医療とは、病院が一丸となって少しでもがん患者様のQOL(生活の質)をよくしようとして取り組んでいく医療です。医師、看護師、薬剤師、栄養士、心理療法士、宗教関係者などが協力して取り組んでいます。

概要

診療体制

当院では、毎週火曜日の午後1時~3時に新患の外来診察をし、適応であれば月曜日・水曜日・金曜日の午前9時~11時に、神経ブロック法を中心とした治療を時間予約制で行っています。
新患の場合でも急を要する場合は、月・水・金の午前中でも診療を行います。

◆新患診察日 火曜日     午後1~3時
◆再来診療日 月・水・金曜日 午前9~11時

 

その他

ペインクリニックとは、主として神経ブロック法を利用して、各種の痛みの疾患はもちろんのことですが、痛みを伴わない麻痺や痙攣などの治療を目的とした診療科です。 神経ブロック法の外に薬物療法、レーザー光線療法などが補助的に応用されます。

 

このページのトップへ

主な対象疾患

痛みの疾患
全身 帯状疱疹 帯状疱疹後神経痛
頭部 筋緊張性頭痛 後頭神経痛
顔面 三叉神経痛
頚部・上肢 頚椎椎間板ヘルニア 肩関節周囲炎 頚腕症候群
胸背部 肋間神経痛 帯状疱疹
腹部 膵炎
腰下肢 坐骨神経痛 急性腰痛 幻肢痛
痛み以外の疾患
麻痺 顔面神経麻痺 ハント症候群
痙攣 顔面痙攣 
その他 突発性難聴
このページのトップへ

担当医紹介

阿久根 透
卒年
  • 昭和55年鹿児島大学卒
資格
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会認定医・専門医・指導医
田島 圭子
卒年
  • 平成12年神戸大学卒
資格
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会専門医・指導医
池上まりあ
卒年
  • 平成20年高知大学卒
資格
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医
井上哲
卒年
  • 平成25年富山大学卒
このページのトップへ

診療実績

麻酔症例数
全身麻酔
(硬膜外、脊椎麻酔併用)
1,055 脊椎麻酔 461
硬膜外麻酔 16 静脈麻酔 50
仙骨麻酔 83 局所麻酔 430
麻酔なし 2
感染症
HB 32 HCV 45
ワ氏 20 MRSA 6
TB 0 HIV 0
ペイン症例
星状神経節ブロック 247 例 60%
硬膜外ブロック 67 16
トリガーポイント注 13 4
他 神経ブロック 62 15
その他(内服含) 20 5
409 例 100%

 

 

このページのトップへ

施設認定

日本麻酔科学会

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。