公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

化学療法室

概要

外来化学療法室は、がん等に対する化学療法を外来通院の中で安心して受けていただけるよう整備された治療室です。外来化学療法室では、専門的な看護師や薬剤師が各診療科の主治医と協力して安全に適切な治療が受けられるように支援しています。三楽病院2階「外来治療処置室」で治療を行っています。

このページのトップへ

特色

化学療法による治療期間中は副作用が生じることも多く、安全に適切に治療を継続していただくためには重度の副作用が生じないよう対策を要します。以前、化学療法は入院で行っていることがほとんどでしたが、副作用の対策や治療法の進歩により、現在ではその多くが外来通院で行われるようになりました。しかし、時には即時に対応しなければ重篤となりうる事もあり、十分に安全性が確保された環境下で治療を受けていただくことが必要です。当施設では、外来化学療法室内での治療中は常時看護師が看護に当たり主治医等と連携を図る体制を取っています。また、治療内容によっては長時間の点滴治療を要しますので、より快適に過ごしていただけるようリクライニングチェアやベッドを利用していただいています。
年々、化学療法に使われる薬剤の種類は増加し、いくつかの薬剤を組み合わせた治療法も多様化しています。外来化学療法室での治療内容(レジメン)は、安全性や治療としての妥当性が広く周知されたものに限定しています。

*外来治療処置室内に医師は常在していませんので、治療に関してご不明な点がございましたら各診療科の主治医へご相談または受診して下さい。

このページのトップへ

担当医紹介

根東順子
卒年
  • 平成5年名古屋大学卒
専門
  • 消化器外科
  • 肝胆膵外科
  • 緩和医療
資格
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本胆道学会指導医
  • 日本緩和医療学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 麻酔科標榜医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。