公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

臨床検査科

当院臨床検査科では迅速かつ精度の高い臨床検査データ
の提供を第一と考えており、効果的な診療支援を行うために
以下の方針を実践しています。

  1. 適切な臨床検査情報の提供とその管理に努める(精度管理の徹底と迅速性の向上)。
  2. 医療従事者相互の調和に努める。
  3. 高い専門性の維持に努める。

概要

組織紹介

当臨床検査科は生理機能検査・血液検査・生化学検査・免疫検査・一般検査・細菌検査・輸血検査・
病理検査の各部門で構成され、一般診療(病棟・外来)・健診(人間ドックその他各種健診業務)・
夜間休日緊急検査(24時間当直体制)の各検査業務に計18名の技師が従事しています。

休日・夜間緊急検査体制

365日24時間体制で常時緊急検査に対応しています。
夜間・休日の緊急検査としては以下の検査項目を実施しています。
[白血球・赤血球・Hb・Ht・血小板・総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・AST・ALT・ALP・LDH・アミラーゼ・グルコース・CK・CRP・BUN・CRE・Na・K・CL・Ca・HBs抗原・HCV抗体・TP抗体・HIV抗体・
血液ガス分析・アンモニア・トロポニン・D-ダイマー・インフルエンザ・尿一般検査・
微生物塗沫染色検査・血液型・交差適合試験など]

業務内容

生理機能検査 脳波・心電図・呼吸機能・超音波(心臓・腹部・乳腺・頚動脈)
血液検査 血液一般検査(血算および形態学的検査)・骨髄検査・凝固系検査
生化学検査 スクリーニング・各種機能検査・糖尿病検査・血液ガス分析など
免疫検査 各種感染症検査・腫瘍マーカー(全自動化学発光酵素免疫測定法)・他
一般検査 尿定性検査・尿沈渣・尿糖尿蛋白定量検査・便潜血検査・髄液穿刺液検査
細菌検査 鏡検・培養・薬剤感受性検査
輸血検査 血液型・交差適合試験・不規則抗体スクリーニングおよび同定検査など
病理検査 病理組織検査・細胞診検査

日常検査データの精度を保証するための内部精度管理とデータの正確度および他施設との施設間差を一定レベル内に保つための外部精度管理を実施しています。外部精度管理としては
①日本医師会臨床検査精度管理調査
②日本臨床検査技師会臨床検査精度管理調査
③各機器、試薬メーカー実施精度管理調査
に毎年必ず参加しています(①において「参加項目修正点」は過去数年95点前後であり平成21年度は96.3点)。

その他

チーム医療(他部署との連携)

InfectionControITeam(ICT)・NutritionSupportTeam(NST)への技師参加、また治験業務や
生活習慣病クリニックへの技師派遣等各種チーム医療への積極的関与を行っています。

情報セキュリティ

当院で取得している情報セキュリティの国際規格ISO27001に基づき患者個人情報等の保護に関して
徹底するよう努力しています。

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。