公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

生活習慣病クリニック

糖尿病療養支援チームの活動

2016年4月1日~2017年3月31日までの発表リスト
【1】第59回日本糖尿病学会年次学術集会(2016年5月19日~21日 京都国際会館 みやこめっせ 他)
  1. 山﨑智子 諸星政治 萩原康二 田上幹樹
    当クリニックでの後期高齢者に対する直近5年間の経口抗糖尿病薬(OAD)処方の推移及び血糖コントロールの状況
    I-P-528 ポスター「薬物療法(その他 1)」
    ポスター会場5(みやこめっせ 1F 第2展示場)(5月19日)
  2. 沼沢玲子 諸星政治 難波春子 櫻井陽子 内田みゆき 遠藤千恵 萩原康二 田上幹樹
    糖尿病療養行動に影響する要因の探索~合併症の有無と療養特性との関連
    I-P-661 ポスター「糖尿病療養指導(自己管理行動 2)」
    ポスター会場6(みやこめっせ 3F 第3展示場(B面))(5月19日)
  3. 猪股新平 諸星政治 萩原康二 田上幹樹
    CKD重症度分類G3aA1・G1A2+G2A2に分類される当クリニック糖尿病患者の特徴
    I-P-22ポスター「腎症 4」
    ポスター会場1(国立京都国際会館  イベントホール)(5月19日)
  4. 櫻井陽子 諸星政治 内田みゆき 遠藤千恵 沼沢玲子 難波春子 萩原康二 田上幹樹
    6年間4回にわたる糖尿病患者行動特性の追跡研究 ~自己管理特性分類全体像の変遷~
    (III-岡6-13)口演「糖尿病療養指導(自己管理行動 5)」
    第22会場(みやこめっせ B1F 特別展示場(B面))(5月21日)
  5. 難波春子 諸星政治 沼沢玲子 櫻井陽子 内田みゆき 遠藤千恵 萩原康二 田上幹樹
    糖尿病自己管理行動特性は治療法変更により変化するか? ―食事療法単独患者における6年後の追跡調査より―
    (III-岡6-17)口演「糖尿病療養指導(自己管理行動 5)」
    第22会場(みやこめっせ B1F 特別展示場(B面))(5月21日)
  6. 萩原康二 諸星政治 田上幹樹
    後期高齢者に対するインスリン治療の現状 ―75歳未満のインスリン治療者と比較して―
    (III-宝7-27)口演「薬物療法(インスリン療法 5)」
    第7会場(国立京都国際会館 1F Room C-1)(5月21日)
【2】第20回日本病態栄養学会年次学術集会(2017年1月13日~15日 京都国際会館)
  1. 沼沢玲子 諸星政治 尾作清香 山崎香奈絵 難波春子 内田みゆき 櫻井陽子 猪股新平 新井孝子 萩原康二 蒲池桂子 田中明 田上幹樹
    2型糖尿病患者に対する低炭水化物食の有効性の検討 ~介入効果はいつまで持続するのか~
    O-016 一般演題3 栄養教育・指導③ (1月13日)
【3】第54回日本糖尿病学会関東甲信越地方会(2017年1月21日 パシフィコ横浜)
  1. 平澤麗子 諸星政治 萩原康二 田上幹樹
    SLGT2阻害薬を含む経口血糖降下薬5剤併用症例の当院における特徴について
    O-008(SGLT2阻害薬①)
  2. 柏木脩妙 諸星政治 山﨑智子 平澤麗子 萩原康二 田上幹樹
    糖尿病薬物療法患者における経口配合薬の使用状況 ―当クリニック通院患者データより―
    O-231 (コメディカル①)
  3. 沼沢玲子 諸星政治 難波春子 山崎香奈絵 尾作清香 平澤麗子 萩原康二 田上幹樹
    SGLT2阻害薬内服後の改善効果と摂取エネルギー量との関連
    O-251(コメディカル⑤)
糖尿病教室テーマ
  日時 テーマ
第9回糖尿病教室 2016年7月27日 糖尿病で怖いのは合併症です!!今だから聞きたい糖尿病三大合併症の事
その壱:糖尿病性腎症について
第10回糖尿病教室 2016年12月14日 糖尿病で怖いのは合併症です!!今だから聞きたい糖尿病三大合併症の事
その弐:糖尿病性網膜症について

お問い合わせ先
三楽病院附属 生活習慣病クリニック
千代田区神田駿河台2-5村田ビル5階
電話 03-3296-7003

みらく会

photo

みらく会

photo

みらく会

photo

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。