公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

脳神経外科

2015年(平成27年)4月より新たに脳神経外科が開設され、外来を中心とした診療を行っております。
脳の病気に関すること、またCT・MRI等の画像検査の結果を十分に理解したうえで安心してお帰りいただけるよう、丁寧な説明を心がけております。

今月の診療担当表

 …予約

 
脳神経外科 午前 高畠 高畠 高畠 高畠 高畠
午後

概要

診療体制

予約をお取りになるとスムーズに受診いただけますが、予約なしでも当日に受診することは可能です。常勤1名で診療を行っておりますので、お待たせする場合もありますが、皆さんのご理解をいただけますと幸いです。

主な対象疾患

頭部外傷や脳卒中の疑いのほか、脳に関しての心配事や不安を抱えている方にも受診をお勧めしております。
脳神経外科では手術だけが専門に行われているわけではありません。総合的かつ専門的な知識と診療技術を持って適切な判断を行うことで、皆さんの日々の健康維持にお役に立てますことを心より願っております。

このページのトップへ

特色・特徴

脳神経外科で最も多く扱っている脳卒中は、日本人の3大死因の一つであり、国民病とも言うべき疾患です。ひとたび脳卒中に罹ってしまうと、麻痺や言葉障害、意識がはっきりしないなど、社会復帰が困難であるばかりでなく、重症であれば家庭生活すら難しく、本人のみならず家族の負担も極めて重い病気です。このような病気を未然に防ぐことはとても大事なことです。

そのような予防という観点からも、症状のある方はもちろん、脳に関して心配事や不安を抱えている方も、どうぞお気軽に脳神経外科を受診なさってください。万が一手術や緊急入院が必要と判断された場合は、当院と密に連携している東京大学附属病院をはじめ、近隣の大きな病院を紹介させていただきます。

当科のもう一つの大きな特色として、脳ドックと連携した診療体制を行っているということが挙げられます。当院で行った脳ドックの画像診断は、放射線科医のみでなく脳神経外科の医師も担当しており、異常が見つかった場合は脳神経外科外来への受診をご案内しております。患者さんにも一緒にご自身の検査結果を見ていただき、十分に理解したうえで、安心してお帰りいただけるような丁寧な説明を心がけております。定期的な検査のフォローが必要と判断された時も、当科で責任をもって診させていただいております。

 

このページのトップへ

担当医紹介

高畠 和彦
卒年
  • 平成21年東京大学卒
専門
  • 脳神経外科
  • 脳血管障害
資格
  • 日本脳神経外科学会専門医
このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。