公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

耳鼻咽喉科

聴覚、嗅覚、味覚などの感覚器を扱い、呼吸、発声、嚥下などの機能に携わる診療科です。

今月の診療担当表

 …予約

 
耳鼻咽喉科 午前 西村
髙浪
西村
髙浪
西村
髙浪
西村
髙浪
西村
髙浪
第2週
西村

第4週
髙浪
午後 髙浪 検査 (手術日) 西村 (手術日)

※夜間診療の担当表はこちら

概要

診療体制

2名の常勤医師と東大病院からの派遣医師で診療しています。手術は週2日(水曜日・金曜日)行っています。耳鼻咽喉科の一般的な手術にはほぼ対応可能です。

診療体制

外来においては、「診察待ち時間の低減」と「迅速な診断と治療」を心がけています。

手術(入院)においては、治療の質を落とすことなく、無駄を省くことによる入院期間の短縮、早期の社会復帰を目指しています。

その他

頭頸部の悪性腫瘍については、診断の結果により他病院に紹介します。東大病院などと連携を密にしており、紹介後早期に治療に入れるように心がけています。

iPhoneアプリを用いた耳鳴治療の臨床研究を行っています。詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

このページのトップへ

主な対象疾患

耳炎による難聴の治療

風邪をひいたあとに鼻の奥から中耳に感染が及び、急に耳が痛くなって、聞こえが悪くなるのが急性中耳炎です。子供に起こることが多いですが、大人で発症すると時に重症化します。

急性中耳炎の後などで鼓膜に穴が生じてしまい、感染(耳だれ)を繰り返すのが慢性中耳炎です。手術で鼓膜の穴をふさぐことで感染・難聴が改善することがあります。

鼓膜の一部が中耳の方にめくれ込んでしまい、耳の中で塊を作って骨などを破壊しながら奥にひろがっていくのが真珠腫性中耳炎です。進行の方向や程度により症状は違いますが、どんどん奥に進行する場合には手術が必要です。

慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎に対しては「鼓室形成術」という手術を行います。以前は2週間程度の入院が必要とされることが多かったようですが、当院では2012年度の実績で平均日数7日以下、最短で4日の入院となっています。退院後も通院処置の必要が少なくなるように、抜糸が不要になるやり方(真皮縫合)で傷を縫うようにしています。また、退院後スムーズに日常生活に戻れるように耳周囲の髪の毛の剃毛は最低限にしています(ほとんどの症例で剃毛は行っていません)。

突発性難聴

急に片側の耳が聞こえにくくなる病気です。耳の一番奥の「内耳」の働きが落ちる病気ですが、原因は今のところ分かっていません。

突発性難聴の治療で最も重要なことは、なるべく早く治療を開始することです。2,3週間たつと治療しても改善しないことが多くなります。治療には主に副腎皮質ホルモン(ステロイド)という薬を使います。薬の副作用で血糖値や血圧が上がったりすることがあります。

通院治療でよくならない場合、突発性難聴そのものが重症の場合、糖尿病などの持病がある場合などは入院で治療を行います。入院期間は1から2週間です。入院の方がより大量に薬を投与できること、出血傾向などの合併症などがない人に限りますが麻酔科の医師による「星状神経節ブロック」という治療(内耳の血流を改善する治療)を併用できること、が入院治療のメリットです。

なお、残念ながら入院で治療をすれば確実に治るわけではなく、改善しないことや、ある程度は改善してもご本人にとっては十分ではないこともあります。

アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎の治療(薬物治療、手術治療)

アレルギー性鼻炎の治療は、今のところ決定的なものがありません。

アレルギーの原因物質に体を慣らしていく「減感作療法」は年単位の時間がかかり、改善の度合いは人によって様々です。また、原因物質が多種にわたる場合には治療が困難となります。アレルギーを根治することができる可能性がある点では理想的な治療ですが、当科ではおもに薬物による治療をおこなっています。アレルギー性鼻炎の症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つとされています。人によってどの症状が重いかは違いがありますので、一人ひとりの症状に合わせた内服薬、点鼻薬を処方するように心がけています。

薬の効果が不十分な場合や、薬をなるべく使いたくない場合など、手術による治療を行うこともあります。おもに鼻づまりに効果があります。1週間程度の入院で手術(下鼻甲介切除など)を行うこともありますが、よほど重症でなければ日帰り手術(高周波による下鼻甲介粘膜焼灼手術)で十分です。レーザー手術とほぼ同じ効果があります。

慢性副鼻腔炎の治療

慢性副鼻腔炎は昔「蓄膿症」とよばれていました。膿のような色のついた鼻汁がでて、鼻が詰まり、頭の重い感じや頭痛が慢性化するのが特徴ですが、現在では薬である程度軽くなることが多くなっています。一方で、アレルギーなどの関与により透明な鼻水が持続するタイプの慢性副鼻腔炎が増えています。

薬での改善が不十分な場合には手術を行います。20世紀には鼻外手術といって、口の中の歯茎のあたりの粘膜を切って、副鼻腔内の病変を除去する手術が多く行われていました。局所麻酔で行うことも多く、大変痛かったようです。現代の副鼻腔手術は鼻の穴から中に内視鏡を入れてテレビ画面で観察しながら行います。全身麻酔ですので手術中の痛みはありません。当院では病変を吸い取りながら切除する「デブリッダー」という道具を用いて手術しますので、病変の除去がより確実になり再発しにくくなっています。入院期間は1週間程度です。

声帯結節、声帯ポリープの治療

声帯結節は、両側声帯の中央付近に生じた小さな隆起(もりあがり)です。これは声の使いすぎによる機械的な摩擦で生じた、いわゆる「たこ」のようなもので、学校教師や保育士、歌手など声をよく使う職業の人に多く発症します。

一方、声帯ポリープは声帯の中央付近に生じた隆起で、声帯結節と異なり通常片方の声帯にできます。大声や負荷のかかった声をだすことにより、出血や機械的摩擦が原因となって生じると考えられています。

薬での改善が不十分な場合や、早急な改善を望む場合には手術が必要になります。

手術は、全身麻酔にておこないます。口の中からとりますので首に傷がのこることはありません。病変はミリ単位のとても小さなものであり、正常な組織をとりすぎると逆に声が悪くなることもあるため、慎重な手術を心がけています。入院期間は基本的に2泊3日ですが、術後1週間程度の発声禁止期間を要します。1ヶ月ほどすれば普通通りに歌が歌えるまで回復します。

また、声の使い方に問題があると考えられる方に対しては、適宜声の衛生について指導いたします。

頚部腫瘍(耳下腺、顎下腺、甲状腺などの腫瘍)の診断と治療

首にできものができた場合は一般の内科・外科で診察することもありますが、頚部の手術を主に行い、頚部の構造・様々な病気に精通しているのは実は耳鼻咽喉科です。

リンパ節がはれた場合、頚部の臓器(耳下腺、顎下腺、甲状腺)に腫瘍ができた場合など様々ですが、CTやMRIなどの画像検査、腫れているところを針で刺して細胞を採取する細胞診、血液検査などを行い正確な診断を下すことが必要です。

良性であっても放置するとさらに大きくなってしまう良性腫瘍や、転移の危険性が少ない悪性腫瘍については手術治療を行っています。頚部には多数の神経・血管などが集まっています。手術の際には神経の損傷などを起こさないように尽力するとともに、傷跡が残りにくいように皮膚切開は最小限にとどめ、表面に縫いあとの残りにくいやり方で丁寧に縫合するようにしています。

このページのトップへ

担当医紹介

西村 信一
卒年
  • 平成8年東京大学卒
専門
  • 耳鼻咽喉科全般
資格
  • 耳鼻咽喉科専門医
髙浪 太郎
卒年
  • 平成15年浜松医科大学卒
専門
  • 耳鼻咽喉科
資格
  • 耳鼻咽喉科専門医
このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。