公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

看護部

教育体制

教育体制

看護部の教育理念

三楽病院及び看護部の理念・基本方針に基づき、互助会会員や地域のニーズに応えられる専門職業人として、「豊かな感性」と「高い倫理観」、「主体性・自律性」を身につけ、「患者の立場に立って」「質の高い看護を提供できる」看護職員を育成する。

看護部の目指す看護

  1. 互助会会員及び地域のニーズに応えられるよう、患者の立場に立って「根拠に基づいた安全・安心なケアの提供」「心のこもった、優しく思いやりのある看護の提供」を目指します。
  2. 人と人とのつながりを大切にし、急性期から回復期、そして患者さんが住み慣れた地域で過ごせるよう、他職種と協働して入院から在宅までの支援を行います。
  3. 看護職員一人一人が、患者・ご家族・外来者・院内職員に明るい笑顔で丁寧に対応します。
  4. あらゆる健康段階の人々に「信頼される看護」「優しく思いやりのある看護」が提供できるよう、自己研鑽を積み、知識や技術のスキルアップに努めます。
  5. 常に広く社会の動向に目を向け、「自律した看護師・助産師を育成する」ために教育体制を整えます。
  6. 看護職員一人一人を大切にして、いきいきと働き続けられる職場を目指します。

看護部の教育目標(ジェネラリストの育成)

教育体系 概念図

三楽病院 看護部 教育体系 概念図

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。