公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

看護部

新人教育プログラム

新人教育プログラム

新採用者研修

当院看護部の新人教育プログラムは、厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」を基準とし、作成しています。

入職後約1週間、集合研修を行います。「病院や看護部の概要」「感染防止対策」「医療事故防止対策」「社会人としてのマナー」や技術演習を行い、配属部署での勤務に備えます。

部署内研修

入職2週目から1ヶ月間は、先輩Ns.と一緒に業務を行います。
どこの部署でも、1年~2年の間で一定の技術を習得できるように「基礎看護技術チェックリスト」を使用して確認しながら業務を行います。また、定期的に先輩Ns.と業務の振り返りを行います。

レベルIコース

月に1回程度集まり、各自の体験や学び、不安なことなどを共有しています。
臨床心理士によるメンタルサポートも行っています。

技術演習

看護に必要な知識と技術を得て実践で活かすことができるように、「心電図」「輸液・シリンジポンプ」などの技術演習を行います。
当院では「ナーシング・スキル日本版」(オンライン映像で見る看護手順のデータベース)を導入しています!

新採用者研修

2016年度の4月第1週目に行った、新規採用者研修プログラムの内容です!

1日目 AM 昼休憩 PM
辞令式
病院の理念・運営方針
東京都教職員互助会の事業
情報セキュリティ研修
社会人としてのマナー研修
2日目 看護部の理念・目標
看護部の諸規則
現任教育について
就業規則について
昼休憩 コメディカルからの説明
配属部署発表・所属長紹介
自己紹介・懇親会
3日目 看護記録・看護診断・看護必要度について
看護協会・看護賠償責任保険の説明
昼休憩 病院探索
医療安全管理体制
医療事故防止対策
4日目 感染防止対策
AED
昼休憩 パソコン入力演習
5日目 看護技術演習 昼休憩
このページのトップへ

部署内研修

内容
4月 各部署に配属となります。
・1ヶ月間はすべての業務を先輩Ns.と一緒に行います。
・「基礎看護技術チェックリスト」などを使用して、できるだけ偏りなく経験できるようフォローします。
・チームの看護師全員で、1年間継続して新人さんをサポートします。
5月 ・1ヶ月目の振り返りを行います。
部署内研修
6月
7月 ・3ヶ月目の振り返りを行います。
8月 ・夜勤のオリエンテーションが始まります。
9月
10月 ・6ヶ月目の振り返りを行います。
11月  
12月
1月
2月 ・リーダー業務のオリエンテーションが始まります。(病棟によって開始時期は異なります)
3月 ・1年目の振り返りを行います。
このページのトップへ

集合研修

レベルIコース

研修対象者

新卒者

到達目標

  1. リアリティショックを克服する方法を学ぶ。
  2. 専門職業人としての自覚が持てる。
      ・社会人基礎力を身につける。
      ・看護倫理の基本事項がわかる。 
  3. メンバーシップの概念を学ぶ。
技術演習

研修対象者

新卒者・所属長が必要と認めた職員

到達目標

  1. 安全で正確な看護技術を学習する。
  2. 自部署で習得できない看護技術についても学習する。

《多重課題》

  1. 安全に配慮した優先順位の選択ができる。
  2. 基本的な看護技術が正確にできる。
  3. 自分の能力の限界を知り、先輩ナースに応援(報告・連絡・相談)を求めることができる。
  4. 患者に対し、適切な態度や言葉使いができる。
4月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
【新採用者研修】 
☆病院の理念・運営方針
☆(公社)東京都教職員互助会の事業
☆就業規則について
☆社会人としてのマナー
☆看護部の理念・目標・諸規則
☆各部署からの説明
・薬剤科、検査科、栄養科、放射線科、MSW

【メンタルサポート】
☆「ストレスマネジメント」講義と演習
<臨床心理士担当>

看護技術 【新採用者研修】
☆医療事故防止対策
☆感染防止対策
☆看護技術演習
・点滴準備、輸液ポンプ、シリンジポンプについて、患者誤認防止など
管理的側面 【新採用者研修】
☆情報セキュリティについて
☆看護記録について
☆看護基準について
☆パソコン入力演習
☆看護必要度
☆医療安全管理体制について
5月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
集合研修【レベルIコース】
☆グループワーク
・学生と社会人の違いについて
☆講義
・社会人基礎力について

【メンタルサポート】
☆社会人としてのメンタルヘルス
<臨床心理士担当>
看護技術 ☆「採血」
6月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
【メンタルサポート】
☆個別面談を行います。
<臨床心理士担当>
看護技術 【技術演習】
☆心電図
☆膀胱留置カテーテルの挿入
管理的側面 ☆防災訓練
7月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
【レベルIコース】
・看護倫理とは…? 「看護者の倫理綱領」
・社会人基礎力のグループワーク
8月
看護技術 ☆NST(栄養サポートチーム)職員全体研修会
☆「院内感染防止対策」職員全体研修会
管理的側面 ☆「院内感染」「医療安全」職員全体研修会
☆「医薬品・医療機器の安全使用」職員全体研修会
☆看護診断研修会
9月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
集合研修【レベルIコース】
社会人基礎力のグループワーク
・映画を視聴し、看護倫理的な視点で話し合う
10月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
【メンタルサポート】
☆個別面談を行います。
<臨床心理士担当>
11月
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
【レベルIコース】
☆グループワーク
・今まで関わった患者さんから学んだこと
看護技術 多重課題実習
12月
管理的側面 ☆「情報セキュリティ」職員全体研修会
基本姿勢と態度
(メンタルサポート)
【メンタルサポート】
☆個別面談を行います。
<臨床心理士担当>
1月
   
2月
管理的側面 ☆「院内感染」「医療安全」職員全体研修会
☆「医薬品・医療機器の安全使用」職員全体研修会
3月
管理的側面 ☆「保険診療」職員全体研修会

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。