公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

お知らせ

お知らせ

当院では患者様の利便性の向上のために院内での携帯電話等の使用範囲の拡大について検討してまいりました。
ペースメーカーなどの医療機器に対しても、総務省による「医用電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」により大きな影響が無いとされています。
以上のことから、当院では、日本生体医工学会専門研究会・医療電波環境研究会が作成した「携帯電話の院内使用に関する手引き書」を参考に、院内での携帯電話等の使用について、以下の3つのエリアに分け使用基準を定めました。

使用可能エリア
(通話・メール等の操作 可)
通話禁止エリア
(メール等通話以外の操作 可)
使用禁止エリア
マナーモード設定 電源OFF
  • 本館1階入口風除室
  • 本館1階公衆電話コーナー
  • 館2階 外科側
    自動販売機コーナー
  • 別館1階 入口付近
  • 各病棟談話室公衆電話付近
  • 各病棟 個室

  • 本館1階 ロビー
  • 各階廊下
  • 各科中待ち合い
  • 各科診察室
  • 各病棟 個室以外の病室  等

※ 使用可能エリア・使用禁止
エリア以外の場所

  • 各処置室
  • 各検査室
  • 術室・分娩室
  • その他
    病院で指定した禁止場所
ご利用にあたって
  1. 他の患者様の迷惑にならないようマナーを守ってご使用ください。
  2. Pad等のタブレット端末・スマートフォン・持込パソコン等についても同様の扱いとなります。
  3. 院内では必ず電源OFF又はマナーモードとし、着信音が鳴らないようにお願いします。
  4. 通話する場合は必ず「使用可能エリア」をご利用いただき、周りの方の迷惑にならないよう大声での通話はご遠慮ください。
  5. 消灯時間(午後9時30分)以降は使用禁止です。
  6. 職員から指示があった場合は、必ず従ってください。

病 院 長

このページのトップへ

  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。