公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院

検査内容比較表

基本ドック

区分 項目 日帰りドック 女性ドック 脳ドック 大腸ドック
一般料金
(税別)
  50,000円 42,000円 42,000円 42,000円
内科診察 診察・問診・
聴診・血圧
身体計測 身長・体重・
肥満度・BMI・腹囲
体脂肪率 × × ×
尿検査 尿一般・比重・
PH・沈渣・ウロビリノーゲン
便検査 便潜血(2日法) ×
血液検査 貧血 ヘモグロビン・
ヘマトクリット
赤血球・白血球・
血小板数
血液像・MCV・
MCH・MCHC
×
電解質 Na・K・Cl・Ca ×
腎機能 尿素窒素・
クレアチニン・eGFR
痛風 尿酸
肝機能 総蛋白・アルブミン・
A/G比・ALP
AST(GOT)・ALT(GPT)
・γ-GTP
総ビリルビン・
コリンエステラーゼ・LDH
×
脂質 総コレステロール・
HDLコレステロール
LDLコレステロール・
中性脂肪・non-HDLコレステロール
糖尿病 空腹時血糖
HbA1c
膵機能 血清アミラーゼ ×
感染症 HBs抗原・HCV抗体・
TP抗体
×
CRP ×
心電図検査 安静時心電図・心拍数
眼科検査 視力検査・眼圧検査・
眼底検査
耳鼻科検査 聴力検査
肺機能検査 呼吸機能検査 ×
超音波検査 上腹部(胆嚢・肝臓・
膵臓・腎臓・脾臓)
× ×
レントゲン検査 胸部X線
胃部X線 × ×
骨密度検査 × × ×
内視鏡検査 大腸内視鏡 × × ×
画像診断検査 脳MRI・MRA × × ×
乳がん検査 視診・触診・
マンモグラフィー
× × ×
子宮がん検査 内診・超音波検査・
頸部細胞診
× × ×
結果説明・保健相談 当日わかる結果のみ × ×

(△一部のみ)

オプション検査

※オプション検査は、いずれかの基本ドックを受診した方のみが対象となります。
★の検査のみ、単独でも受診できます。

区分 項目(内容) 実施日 一般料金
(税別)
日帰り
ドック
女性
ドック

ドック
大腸
ドック
血液検査
腫瘍マーカー 肝臓(AFP)・
膵臓(CA19-9)・
肺(CYFRA)
毎日 各3,000円
前立腺(PSA) 毎日 2,000円 ×
子宮(SCC) 毎日 3,000円
卵巣
(CA19-9・CA125)
毎日 4,000円
膵臓・卵巣セット
(CA19-9・CA125)
毎日 4,000円
脳梗塞・心筋梗塞リスク検査 LOXインデックス検査 毎日 12,000円
軽度認知障害(MCI)
スクリーニング検査
毎日 20,000円
アレルギー検査 View39 毎日 12,000円
ヘリコバクター・ピロリ菌検査 毎日 2,000円
甲状腺機能検査 TSH・FT3・FT4
毎日 4,500円
心機能検査 BNP
(脳性Na利尿ペプチド)
毎日 3,000円
血液以外の検査
骨密度(前腕部)検査 DEXA法 毎日 2,500円 基本に
含む
乳がん検査 視診・触診・マンモグラフィー 毎日 5,000円 基本に
含む
× ×
乳腺エコー 月・木・金の
午前
5,000円 × × ×
子宮がん検査 内診・超音波検査・頸部細胞診 毎日 5,000円 基本に
含む
× ×
腸内フローラ検査 毎日 20,000円
認知機能検査
(頭の健康チェック)
短答式の会話に
よる検査
月~金
午後
5,000円 × × ×
睡眠時無呼吸検査 毎日 13,000円
頸動脈エコー検査 月曜の
午後のみ
3,500円 × × ×
子宮体部細胞診 医師の指示が
あった場合のみ
毎日 2,057円 × × ×
肺がん検査 ヘリカルCT 毎日 12,500円
内視鏡検査 大腸内視鏡
(基本ドックと別日)
毎日 19,000円 基本に
含む
胃部内視鏡
(上部消化器官検査)
毎日 5,000円 × ×
MRI検査
(3.0テスラ)
脳MRI・MRA 毎日 30,500円 基本に
含む
★上腹部
MRI・MRCP
毎日 36,500円
★骨盤
MRI
毎日 36,500円
人間ドックメニュー
  • 日帰りドックコース
  • 脳ドックコース
  • 女性ドックコース
  • 大腸ドックコース
  • オプション検査
  • 内視鏡検査
  • 検査内容比較表
  • 結果説明について
  • 受診までの流れ
  • 当日の流れ
  • 注意事項
  • よくあるご質問
  • ご利用者様からいただいたご意見・ご要望

人間ドックはすべて予約制です。あらかじめ電話又は来院にてお申込みください。

人間ドックのご予約・お問い合わせはこちら ドック専用ダイヤル03-5282-8331
このページのトップへ

人間ドック(健診)


  • 医療は患者と医療側、相互の信頼がないと成り立ちません。医療側は患者に最大限の診療情報を提供し、患者はその情報を基に理解し、同意し、選択することで治療に参加することが必要です。そのためには医療側の情報の共有と意思の疎通が不可欠です。これらが適切に保たれていることこそ医療本来の姿であると考え、当院もそれを追求しています。 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」は孟子の詞です。それぞれが重要ですが、その中でも人の和が特に大切であります。 程よい緊張感を保ち、情報の共有と人の和を高めながら良質な医療を目指して共に働く医師、医療従事者を心より歓迎したいと思います。是非、三楽病院へおいでください。

  • 三楽病院は1933年、東京都の教職員とその家族を対象として設立されました。1988年からは一般の患者様にも開放している 総合病院 です。